2013年07月18日

GaWidgetの概念

GaWidgetはフレームワークです。
このことは、あなた自身でGaWidget用ガジェットを作れることを意味します。
そのためにはGaWidgetの概念を理解する必要があります。
と言っても、さほど難しいものではありませんので、ご安心を。

GaWidgetのガジェット表示プログラムは小さなWebブラウザと考えられます。実際そのような実装になっています。
GaWidgetアドインでプレビューするとWebブラウザにプレビューが表示されますね。プレビューはWebブラウザの左上に隙間なく詰まって表示されれています。
そして、ガジェットのインストールを行い実行すると、Windowsガジェットのような表示になります。
これはどういうことかと言うと、GaWidgetはブラウザのメニューなどを無くし、ブラウザの表示部左上のみを表示してるという事です。表示部の幅・高さはブログパーツの幅・高さに合わせて表示されます。
このために、GaWidgetでは1つのガジェット定義が1つのフォルダに対応します。フォルダには最低限以下のものが入っています。
・Main.html:ウィジェットを表示するためのHTMLです。
・gawidget.xml:表示部の幅・高さを定義します。
ブログパーツウィジェットをGaWidget用ガジェットに変換して使用するため、これだけでは対応できない場合があります。それについては追々説明してゆきます。

以下のことを理解しておいてください。
・GaWidgetのガジェットとは小さなWebブラウザである。
・GaWidget用ガジェットとして実行される場合は、ウィジェットの幅・高さで実行される。
簡単ですよね。
GaWidget概念.png
posted by ともちゃんぐ at 17:01| GaWidget | 更新情報をチェックする

GaWidgetプラグイン

プラグインとはGaWidgetのプログラム本体を変更せずに、機能を追加する機能です。ややこしいですね(笑)
今後、新しい機能を作った場合はプラグインDLLを配布し、GaWidgetの所定のフォルダにコピーしていただくだけで新しい機能が使えるようになります。

Version1.0.0.0では3つのプラグインが入っています。
・楽天ガジェットメーカー
・Yahooガジェットメーカー
・アイドル スライドショー ガジェットメーカー

〇楽天ガジェットメーカー プラグイン
プラグイン機能の起動は、GaWidgetを右クリックし、表示された「拡張機能」を選択すると上記3つのプラグイン機能が表示されますので、使用するプラグインを選択します。
ここでは「楽天ガジェットメーカー」を選択してください。

楽天ガジェットメーカーが作成できるガジェットは、大きく分けて2種類です。
・楽天ショッピングガジェット(自分が最近見た商品を表示するガジェット。サンプルで付けたものです)
・楽天トラベルランキングガジェット(宿泊施設の上位ランキングの宿を表示するガジェット)
楽天ショッピングガジェットは皆さん良く見かけると想います。でも、ブログによって形状が異なっていませんか?
そうなんです。様々な種類のガジェットがあるんです。そこで自分の好みのガジェットを作れるようにしたのがガジェットビルダーです。
また、トラベルのほうでは宿泊施設の地域・県などを指定できるようにしてあります。

それぞれ、「大きさ」や「自動で動かす」などを指定してプレビューを押すとWebブラウザで表示が確認できます。
決定したらインストールボタンを押します。すると、GaWidgetにインストールされます。
色々試して、自分好みのガジェットを作ってみてください。

以下のURLでジェットのサンプルが見られます。
これは作りかけなので使いづらいのはご容赦ください。
※完成させる予定が無いという話もありますが(笑)

http://www.goods-cube.jp/widget/Rakuten.html

〇Yahooガジェットメーカー プラグイン
Yahooガジェットメーカーは2種類のガジェットを作る事ができます。
・ヤフオク ガジェット:自分の興味のあるオークションカテゴリを選択してオークション品を次々に表示することができます。
・Yahooショッピングコメント:Yahooショッピングのカテゴリを選択して、その分野の購入者コメントを次々に表示することができます。

〇アイドル スライドショーメーカー プラグイン
アイドル スライドショーメーカーはアイドル名を入力することで、DMMからデータを取得し、スライドショーを自動作成します。
画像をクリックするとその画像の取得元ページに飛びます。
現在は小さい画像ですが、大きな画像のスライドショーの作成機能も、提供予定です。これはもはやガジェットではなくスライドショーそのものですが(笑)
更に、時計にもなっており、日本時刻を表示し、その下に世界時刻を3つまで追加することができます。日本以外に住んでいる友達の国を追加しておくと現地時間がすぐに判りますので便利です。
posted by ともちゃんぐ at 16:57| GaWidget | 更新情報をチェックする

GaWidgetのインストール及び基本操作

1.インストール
ダウンロードしたGaWidgetSetup.msiをエクスプローラでダブルクリックします。後はメッセージに従ってインストールを進めてください。

2.アンインストール
再度GaWidgetSetup.msiをダブルクリックするとメンテナンスモードになりますので、削除を選んでアンインストールします。

3.操作
インストールが完了すると以下の構成になります。
デスクトップ:GaWidgetのショートカットが作成されます。
スタートメニュー:GaWidgetStartのショートカットが作成されます。
スタートメニュー:GaWidget及びGaWidgetStartのショートカットが作成されます。

とりあえず、デスクトップにあるGaWidgetを起動します。
(1)グループ
ガジェットインストール時に好きなグループを選択することができます。
グループは上部にある「グループ」で選択できます。
GaWidgetインストール直後にはAmazonにはAmazon用ガジェットが、グループ1には楽天サンプルが、グループ2にはヤフオクサンプルが登録されています。

(2)ガジェットの起動
起動するガジェットのアイコンをダブルクリックするとガジェットが起動します。

(3)起動したガジェットの操作
・画面を移動するには、マウスカーソルを画面上部に持って行くと移動用ハンドルがでますので、それを掴んで動かします。(実際にはハンドル横の空白部分でも大丈夫です)
・画面を閉じるには、マウスカーソルを画面上部に持って行くと赤い×記が出るので、それを押します。

(4)画面上を右クリックして出るメニュー機能
(4.1)拡張機能
プラグイン機能です。プログラムをアップデートすることなく機能を拡張します。
インストール直後には、以下のプラグインがインストールされています。
・楽天ガジェットメーカー
・Yahooガジェットメーカー
・アイドルガジェットメーカー
詳しくは後述します。
上部にある「ズバリ価格.jp」をダブルクリックすると、プラグイン配布サイトをWebブラウザで表示します。

(4.2)ガジェットフォルダの表示
ガジェットをインストールしているフォルダをエクスプローラーで表示します。

(4.3)起動定義をクリップボードへ
ガジェットの起動はCLaunchなどのランチャーで置き換えることができます。
他のランチャー用に起動定義をクリップボードに格納します。

(4.4)実行パッケージの作成
GaWidgetをインストールせずに実行できる単独パッケージを作成します。
パッケージはフォルダに作成されますので、フォルダ毎アーカイブして友達などに配布できます。

5.画面の再生
ガジェットを起動したままシャットダウンします。スタートメニューのGaWidgetStartがPC起動時にガジェットを元の位置に再生します。

6.グループ名の変更
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\GaWidget\Gadget
がグループ登録用のフォルダですので、この配下にあるフォルダ名をリネームします。

7.ガジェット起動後はGaWidgetを落としても、ガジェットは表示されたままになります。
posted by ともちゃんぐ at 16:51| GaWidget | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。